2017年1月台北旅行記(1)

1日目


2017年1月中旬に台北を三泊四日の日程で旅行してきた。台北を訪れるのは初めてだったので、観光ガイド付きのパッケージツアーを利用した。
出発は1月11日。羽田空港を10時35分に出発するエバー航空機に搭乗した。正月休みはとっくに終わった時期だが羽田空港は予想外に混雑していた。搭乗した機体はエバー航空とサンリオがタイアップしたハローキティジェットだった。機体の装飾や座席の備品、機内食、さらにはトイレットペーパーまでキティデザインで統一されていたのには驚いた。羽田を離陸してしばらくすると飛行機の窓から美しい富士山を眺めることができた。

 航空会社はエバー航空を利用した
 エバー航空はサンリオと提携している


 搭乗した機材はハローキティジェットだった


 シートカバーやクッションにもキティちゃんが描かれていた


 なんとトイレットペーパーにまでキティちゃんが・・・


 離陸後眼下に富士山がきれいに見えた



台北までは3時間ほどのフライトだった。日本と台湾の間には1時間の時差がある。台北の松山空港に13時過ぎに到着した。朝の羽田はかなり寒かったが、台北は日本の春を思わせる気候だった。

 到着した松山空港
 春の気候だった


14時過ぎにロビーに出ると旅行会社のガイドさんが待っていてくれた。すぐに車に案内された。まず商売繁盛の神様として台北市民の信仰を集めている行天宮に向かった。空港から行天宮までは10分ほどだった。台湾では1月末の旧正月を盛大に祝うので、この時期は日本でいえば歳末の賑やかな時期だった。行天宮にも新年を祝う護符や飾り物を求めて大勢の人が詰め掛けていた。

 行天宮
 商売繁盛の神様だ


 新年を祝う護符や飾りを求める人たちが列を作っていた


台湾の寺宮の参拝のやり方は日本とはかなり異なる。ガイドさんにやり方を聞き、まず天の神様を拝んでから行天宮に祀られている関帝にお参りした。

 行天宮の内部
 大勢の参拝者が訪れていた


 まず天の神様を拝むのが台湾の参拝方法だ


行天宮を出てホテルに向かった。ホテルは交通の便などを考慮してリージェントホテル(現地の呼び名では晶華酒店)を選んだ。台北でもトップクラスの高級ホテルだが、閑散期のツアーだったのでリーズナブルな料金で利用することができた。ホテルまでは10分ほどだった。

 今回宿泊したリージェントホテル
 とても居心地の良いホテルだった


 客室
 持て余すくらい広かった


夕方からは他のツアー客も合流して台湾料理の人気レストラン、欣葉台菜創始店で夕食をとった。台湾料理は大陸の中華料理と比べて、素材や調理法がシンプルで味付けもマイルドだった。出てきた料理はみなおいしかったが、出てくるタイミングが早く、とても慌ただしい晩餐となってしまった。

 欣葉台菜創始店
 台湾料理の人気店だ


 台湾のビール
 口当たりが軽くて飲みやすかった


 カラスミの前菜
 カラスミは台湾の名産品の一つだ


 豚の角煮
 脂っこさをほとんど感じなかった


 海老のニンニク炒め


 ハマグリのスープ
 貝の出汁がよく出ていた


 切り干し大根の入った卵焼き
 昔からの台湾の家庭料理だ


夕食後は台北で一番賑わっている士林夜市を見学した。予定では30分ほどの見学でホテルに戻ることになっていたので、夜市をゆっくり散策したいと思い、その旨をガイドさんに告げてツアーから離脱した。フリーになってまずは福州世祖胡椒餅の士林店で名物の胡椒餅を買い求めた。行列店だがまだ時刻が早かったおかげか10人ほどしか並んでおらず、5分ほどで買うことができた。出来立ての胡椒餅は具がとてもジューシーでおいしかった。

 士林夜市
 台北で一番賑やかな夜市だ



 福州世祖胡椒餅の店頭
 行列の絶えない人気店だ


 胡椒餅
 出来立てを売っているのでかなり熱い


 胡椒餅の内部
 牛肉と長ネギがたっぷり入っている



次は地元の若者に人気の辛發亭で台湾のかき氷、雪片を食べた。台湾のかき氷はマンゴーを使ったものが有名だが、1月は収穫時期ではないので抹茶と小豆を使った抹茶紅豆雪片を注文した。日本のシャリシャリしたかき氷や、シンガポールのふんわりしたかき氷とは異なり、ねっちりとした食感が印象的だった。

 辛發亭
 かき氷の人気店だ


 抹茶紅豆雪片
 ねっちりとした食感が印象的だった


 パパイヤ牛乳
 台湾の人気ドリンクだ


その後は士林市場の夜店でエビ釣りにチャレンジした。夜市に来たらぜひやりたいと思っていたアトラクションだ。針に餌をつけて釣る普通の釣りとは異なり、日本の夜店のヨーヨー釣りのエビ版といった感じで、紙を撚って作った糸の先につけた針でエビを引っ掛けて釣り上げる仕組みだ。糸が弱いのでエビが暴れるとすぐ切れてしまう。100元(約400円)で仕掛けを7つ買って挑戦したが、釣り上げられたのは2匹だけだった。釣ったエビはその場で塩焼きにしてもらっておいしく食べた。

 士林市場
 士林夜市で一番賑わう場所だ


 士林市場の地下
 フードコートになっている


 エビ釣りの夜店
 見た目より難しい


 エビ釣りの仕掛け
 糸が紙製なのでとても弱い


 釣ったエビはその場で塩焼きにしてくれる